aircheck

好きな曲 / 気になった曲 / 観たライブ などについて書いています

サカナクション / SAKANAQUARIUM 2017 10TH ANNIVERSARY ARENA SESSION 6.1ch SOUND AROUND @ 幕張メッセ

サカナクションのライブに行ってきました。

 

ブロック指定のスタンディングライブ。私の指定されたブロックはレギュラーCR、つまり上手側の最後方でした。ステージ上の演者の姿はほとんど見えません。

なのに、充分に満足感のあるライブでした。

サカナクション幕張メッセでのライブは、以前にも行ったことがあるのですが、音響にとてもこだわって構成されていて*1、音に「包まれている」という感覚を味わえるのです。ステージのある前面からのみ音が聴こえるのではなく、会場の全方位から音が聴こえてくるのです。大きい会場のライブだと、前方と後方で音の時差があって、それに伴って観客のノリ方や手拍子がズレたりして、なんだか微妙・・・と思ってしまうことがたまにあるのですが、サカナクション幕張メッセライブに関しては、そういった音の時差を感じることはありませんでした。なので、後ろの方にいても置いてけぼり感を全く感じないのです。

モニターに映し出される映像や、レーザーの演出などが、さらに会場全体を包みこむかたちとなり、会場内どこにいても楽しめる作りになっていました。音と光に包まれる。それは「聴く」「観る」というよりも「体験する」という表現がふさわしく思えました。もはやライブというよりも、ひとつの空間を利用した総合芸術、といった感じがしました。さらに言えば、幕張メッセという、音楽専用に作られたわけではない、シンプルな四角い空間が、そうした表現をよりいっそう映えるものにしていたように思います。

 

セットリストも、10周年記念ライブにふさわしく、新旧織り交ぜた多彩な内容になっていました。代表曲はもちろん、アルバム曲もおさえられていて、初期からのファンも、最近聴き始めたファンも、どちらも楽しめるものになっていたと思います。

個人的に聴けてうれしかった曲は『壁』です。

 

壁

  • provided courtesy of iTunes

とても好きな曲です。

サカナクションといえば電子音、というイメージが強いと思いますし、最近は特にそういった要素を前面に押し出している感がありますが、こうしたフォーキーな曲のなかにも良い曲がたくさんあります。10周年記念ライブという場でこの曲を聴けたことで、私としてもそのことを改めて認識できたし、サカナクションは今後どんなに最新テクノロジーに寄っていっても原点を見失うことはない、というメッセージのようにも思えました。

 

アンコールでは新曲も披露されました。

新宝島』『多分、風。』の流れを継いだ、70~80年代を思わせるような曲調で、なるほど、サカナクションはしばらくこういう路線なのね、と思いました。

が、ただひとつこれまでと決定的に違うのは、一郎さんのボーカルが、こぶしをかなり効かせた歌い方だったという点です。それは、ザ・ロックミュージシャンなエモさ・セクシーさとも取れるような、いやいや『新宝島』のMVを思い出させるコミカルさとも取れるような・・・聴き手によって評価が分かれそうですが、とにかく電子音楽特有の前衛的でクールな雰囲気を打ち砕くような人間臭さがあって、そのアンバランスさがかえって心地よく、何度も聴いているうちにクセになりそうです。

音源化されたらまた印象が変わるのかもしれませんが、いなたい雰囲気の電子音楽が大好きな私としては、かなり気になる曲であることは確かです。また聴ける日が待ち遠しいです。

*1:一郎さん曰く「某フェスの3倍の予算を使っている」。

KEYTALK / PARADISE

PARADISE<通常盤>

KEYTALKのライブに行ってきました。3月にリリースされたアルバム『PARADISE』を引っ提げてのツアーです。

このアルバムのリリースに関しては複数商法*1、接触商法、代々木公園でのフリーライブなどプロモーション活動も活発で、「とにかく売りたい!」という気持ちがビシビシ伝わってくるものでした。

そんな必死さに少々の不安をおぼえつつも、実際に聴いてみると、運営側がこのアルバムをどうにかして売りたい、多くの人に聴かせたい、と思うのも納得の出来でした。

 

youtu.be

 

私はこのアルバム、前作『HOT!』よりも断然好きです。

これはあくまで個人的な好みの問題であって、『HOT!』が悪いアルバムだというわけではありません*2。ただ、私がKEYTALKに求めているものはこれではないな、というのが率直な感想でした。

というのも、『HOT!』は全体としてフェス映え・大箱映えというコンセプトのもとに作られたような、一種の縛りのあるアルバムだと感じたからです。『MONSTER DANCE』がフェスでの定番曲に成長し、武道館という大きなキャパでのライブを控えていた時期だったからこそ、そのように感じられたのかもしれませんが、盛り上がりやすい曲調と、わかりやすい歌詞を重視して作られたアルバムだと思いました。聴き手がイメージする"KEYTALKらしさ"を裏切らないようにと、制作者の方から敢えて歩み寄っているように思えて、物足りなさを感じてしまったのです。

また、アルバムを通して義勝さん・巨匠の2人がメインで作詞作曲しており、武正さん・八木さんの曲がそれぞれ1曲ずつしかない、というのも物足りなさを感じるポイントでした。これも"KEYTALKらしさ"を提示するために敢えてやったことなのかもしれませんが、せっかくメンバー4人全員が曲作りできるバンドだというのに、もったいない・・・というのが正直なところでした。

 

『PARADISE』は前作で私が感じたそれらの物足りなさを払拭するアルバムでした。

全17曲というボリューム、しかもメンバー4人全員の曲がバランス良く配分されているので*3、バラエティに富んだカラフルな作品になっています。

それも、メンバーそれぞれ影響を受けた音楽や好きな音楽がバラバラであるので、それらを持ち寄った結果、ロックあり、ポップあり、ラップあり、EDMあり、、、と様々なジャンルの要素がちりばめられた1枚になっています。私がKEYTALKを初めて聴いたときに感じた「ごちゃ混ぜだけど、なんだか面白いことをやっているバンド」という気持ちを思い出させてくれました。

 

ダウンロードディスコ

ダウンロードディスコ

  • KEYTALK
  • ロック
  • ¥250
パラサイト

パラサイト

  • KEYTALK
  • ロック
  • ¥250
森羅万象

森羅万象

  • KEYTALK
  • ロック
  • ¥250

『PARADISE』新録曲のなかでは、武正さんの書いた曲が好きです。

彼の好きなブラックミュージックの要素を4つ打ちロックに上手く落とし込んでいるところも面白いですし、一度始まってしまったらもう後戻りができないような、次々と展開していく曲構成が面白いです。ボーカル陣の書く曲がわりとJ-POPの基本構成に則ったものが多いだけに、彼の曲の持つトリッキーさが、アルバムを通して聴くと良いアクセントになっています。しかも、それらの展開が全て3分未満という短い尺に詰め込まれているという凄さ。

 

www.cinra.net

 ついでになりますが、武正さんのこちらのインタビューが面白かったので紹介しておきます。私がKEYTALKに感じていた「ごちゃ混ぜの面白さ」、それはすごく日本人的な感性だと思うのだけれど、その正体が書いてあるようで、読んでいて興味深かったインタビューです。KEYTALKにはあまり興味ないんだけど・・・という人にも読んでみてほしいです。

*1:初回限定版AとBとで付属DVDの内容が異なります。

*2:『マスターゴッド』が好きです。KEYTALK / マスターゴッド - aircheck

*3:ちなみに上に貼り付けたトレイラー映像ですが、作曲者ごとに曲名の書かれたジェンガの色が分かれています。

広告を非表示にする

Suchmos / Wiper

この動画の後半で流れている曲が『Wiper』です。

 

既にライブでも披露されていました。

sbclbs.hatenablog.com

ライブで聴いたときは、音源よりももっと激しい、エモさを全開にした曲だったように思ったのですが、それは単なる私の記憶違いなのか、それともライブの臨場感がそう思わせるのでしょうか・・・。

 

自身設立の新レーベル「F.C.L.S.」からの第一弾リリースです。

個人的に『Wiper』はシングル曲として表に立つ曲ではなく、カップリング的な雰囲気の曲だと思っていたので、この曲がこうした扱いでのリリースになったということが意外に思えました。普通だったら、もっとわかりやすい、どキャッチーな曲を持って来そうですが・・・「自分たちはメジャーと手を結んでも大きく方向性が変わることはない」という意思表示のための、敢えてのチョイスでしょうか。

 

ただ、音楽の方向性はそのままでも、狙う客層はもっと広げていきたいのだろうな、というのを先ほどの動画を見て感じました。

一貫して"かっこよさ"を追求するスタンスは変わらなくとも、彼らと同年代~年上の大人たちに受けるヌケ感のある"かっこよさ"ではなく、「中高生が憧れるお兄さん」的な"かっこよさ"も示していきたいのではないか?と思ったのです。

これは雑な表現になってしまうので気分を害される方がいたら申し訳ないですが、私はこの動画から「中二病的な世界観」を感じてしまったんです。

ライブハウスという外部から閉ざされた秘密の空間、その秘密を共有する仲間、黒い服に身を包んだ謎の男たち、仲間同士にしかわからない暗号(ステンシル)、、、思春期の心をくすぐるモチーフが溢れているな、と思ってしまいました。

 

実際にSuchmosYouTube動画のコメント欄には、最近は中高生と思しきコメントが多く見られるようになり、着実にファン層が拡大していることをうかがわせます。今後、それがさらに拡大していくのか、そして、彼らが"かっこよさ"をどう提示していくのか、注目していきたいところです。

 

WIPER

WIPER

 

広告を非表示にする