読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aircheck

好きな曲 / 気になった曲 / 観たライブ などについて書いています

邦ポップス

星野源 / 時よ

サマソニ2016、邦楽アクトはこの方を観ました。 この方はサブカル女子が求めるサブカル男子の究極の完成形なのではないかと思う。 ステージに登場した星野源は白シャツにサスペンダー姿で(かわいい)、登場するなりスマホで客席の写真を撮りまくっていて(…

吉澤嘉代子 / 絶景ツアー "夢をみているのよ" @東京国際フォーラム

昨年行った箒星ツアーでも思ったことだけれど、吉澤さんのライブはライブと言うよりもミュージカルを観ている感覚に近い。特に今回は東京国際フォーラムという会場の雰囲気が、ライブハウスよりもその世界観に合っていたように思う。今回の公演も曲の合間に…

吉澤嘉代子 / 東京絶景

吉澤嘉代子さんのアルバム『東京絶景』を聴きました。 今までの吉澤嘉代子さんの曲は昭和歌謡チックなレトロな雰囲気のあるものが多かったように思いますが、今回のアルバムはそのような既存の「らしさ」にとらわれず、敢えてその枠の中におさまろうとしない…

東京スカパラダイスオーケストラ / 嘘をつく唇

片平里菜さんのボーカルがアンニュイでいいですね。 彼女に関してはあまり詳しくなくて「ギタ女」というイメージしか持っていませんでしたが、こういう組み合わせ方もアリなのか!と思いました。 嘘をつく唇 - EP 東京スカパラダイスオーケストラ J-Pop ¥1000

DAOKO / ShibuyaK

彼女は顔を隠してミステリアスなイメージ戦略からの実は美人でした、の振り幅が完璧すぎる。 ShibuyaK /SamishiiKamisama - Single DAOKO J-Pop ¥750

吉澤嘉代子 / ちょっとちょうだい

昭和歌謡チックな音楽にのせて「泥棒猫に気をつけろ」なんて歌ったら普通はかなり情念めいた不健全な雰囲気を纏ってしまいそうなのに、吉澤嘉代子さんからは不思議とあまりそのような印象は受けない。 本人の可愛らしさと透明感もあいまって、そういった毒気…

吉澤嘉代子 / 美少女

ロックの衝動とアイドルの愛らしさと歌謡曲の情念とJポップのひたむきさを併せ持つ存在それが吉澤嘉代子。 吉澤嘉代子さんの曲を聴くと愛されたいとか彼氏がほしいとかではなく「恋がしたい。。。」って思うのだよな〜

吉澤嘉代子 / ストッキング

5月に赤坂ブリッツでの箒星ツアーファイナルに行ってきたけれど、まるでひとつのミュージカルを観ているようでとても良かった。 アルバム『箒星図鑑』はかつて少女だったすべての人に聴いてほしい。