aircheck

好きな曲 / 気になった曲 / 観たライブ などについて書いています

夢みるアドレセンス / おしえてシュレディンガー/ファンタスティックパレード リリイベ

夢みるアドレセンスのリリイベを観てきました。 アイドル好きです~などと言いつついわゆる"現場"に行くのは数年ぶり*1で、普段行くバンド系のライブとは異なる独特のノリに若干戸惑いましたが、気になっているアイドルを生で(しかも無料で)観ることができ…

私立恵比寿中学 / 面皰

吉澤嘉代子さん提供曲です。 楽曲提供情報が解禁されたときは「ケケケ」*1のようなコミカル路線の曲が来るのかな?と予想していたけれど、蓋を開けてみれば「ニキビが治ったらデートしてね」という純情思春期乙女ソングでした。 クレアラシルのタイアップ曲…

Perfume / FLASH

黒い衣装で光る棒を持って戦っているのが『GAME』の頃を思い出させる。 この曲のシングルのジャケット画像が公開されたとき、Twitterなどでダサいダサいと言われているのを目にしたのだけれど、正直なところ、私はそのダサさに少し安心感を覚えてしまった。…

パスピエ / ヨアケマエ

大胡田さんのくねくねした踊りが堪能できるMVとなっています。 大胡田さんの踊りはパスピエの音楽を構成するひとつの要素であると思う。 パスピエとか最近はSuchmosとか聴いていてつくづく思うのは、ギタボ等ではなく純粋にボーカルだけを担当するボーカルが…

京佳(夢みるアドレセンス) / シャークガール'99

最近どハマりしていたアイドルソングがこちらです。 (YouTubeだとフルの動画が見つからなかったのが残念・・・) まずこの動画が可愛い。衣装が可愛い。京佳ちゃんが可愛い。しかしそれだけではなくて、この曲には私の個人的なアイドル楽曲のツボが詰め込ま…

KEYTALK / 桜花爛漫

『境界のRINNE』というアニメのOP曲でした。 ファンの欲目かも知れませんが、この手のバンドのアニメタイアップとしては良い出来だったのではないかと思っています。 歌詞にアニメの内容を連想させるようなキーワードを散りばめつつ、バトルアニメらしい疾走…

Suchmos / Pacific

シティポップ系のバンドに関しては「とりあえず“好き”と言っておけばセンスが良いと思われる、都会的でかっこよくておしゃれな音楽」という認識で、アーティスト側もリスナー側もスカしているようで正直ちょっといけ好かないなと思う部分あり、Suchmosもきち…

吉澤嘉代子 / 東京絶景

吉澤嘉代子さんのアルバム『東京絶景』を聴きました。 今までの吉澤嘉代子さんの曲は昭和歌謡チックなレトロな雰囲気のあるものが多かったように思いますが、今回のアルバムはそのような既存の「らしさ」にとらわれず、敢えてその枠の中におさまろうとしない…

KEYTALK / PASSION

武道館公演には行かなかったけれど、この曲を演ったと聞いて「行きたかった・・・!」と思った。 一番好きなアルバム『SUGAR TITLE』の一曲目。 KEYTALKの曲は特に首藤義勝が書く曲が好きなのだけれど、それは一見いかにも邦ロック好きに受けそうなバンド音…

KEYTALK / UNITY

UNITY KEYTALK オルタナティブ ¥200 provided courtesy of iTunes 正直に申し上げて、私はバンドのアイドル扱いについて批判できるほど真摯なリスナーではないです。 私は彼らのルックスやキャラクター性も含めて好きだし、曲に合わせて振り付けを踊ったり、…

People In The Box / Cut Four

People In The BoxのライブDVD『Cut Four』を観ました。 自分が行ったライブの映像を観るのはやはり特別な気持ちで、当日は興奮のあまり気づくことのできなかったCD音源とのアレンジの違いであったり、演奏のテクニックであったり、照明の美しさであったり、…

Suchmos / STAY TUNE

最近の「シティポップ」に括られているバンドはいろいろ聴いてはみたものの、良いとは思うけどさらっと流れてしまって個人的には今いちハマらなくて、もしかして私はこの手のバンドが全般的にだめなのかな・・・?と思っていたのですが、なぜかこの曲は自分…

東京スカパラダイスオーケストラ / 嘘をつく唇

片平里菜さんのボーカルがアンニュイでいいですね。 彼女に関してはあまり詳しくなくて「ギタ女」というイメージしか持っていませんでしたが、こういう組み合わせ方もアリなのか!と思いました。 嘘をつく唇 - EP 東京スカパラダイスオーケストラ J-Pop ¥1000

Arctic Monkeys / Dangerous Animals

イギリスの英語はアメリカの英語よりも音が暗くて硬い感じがして好き。 Humbug Arctic Monkeys オルタナティブ ¥1500

Perfume / チョコレイト・ディスコ

やはりこの時季はこの曲でしょう。 MVを改めて見直してみたけれど、製作費低そうながらも照明の加減で頑張ってそう見えないようにさせているところが、ブレイク前のまだ世間に見つかっていないアイドルという感じワクワクする。 GAME Perfume エレクトロニッ…

DAOKO / ShibuyaK

彼女は顔を隠してミステリアスなイメージ戦略からの実は美人でした、の振り幅が完璧すぎる。 ShibuyaK /SamishiiKamisama - Single DAOKO J-Pop ¥750

the cabs / 二月の兵隊

the cabsは作詞者とボーカルが別の人で、そのボーカルが敢えて歌詞の内容を噛み砕かないまま感情を込め過ぎず淡々と歌っている感じなのがいいなと思っています。 これで作詞者とボーカルが同じ人で、もっとエモーショナルな感じの歌い方だったら、ちょっと私…

The Chemical Brothers / Star Guitar

エレクトロニカ×電車MVと言えばこれ。 ミシェル・ゴンドリーのMV好きです。

Four Tet / She Moves She

この曲もSketch Showが紹介していて知りました。 リズムがクールで力強いのに、どことなく哀愁漂う感じがあって好き。

Ms.John Soda / Elusive

もう10年くらい前の話になってしまうと思うのですが、Sketch Showが出演したNHK-FMの番組放送を録音して、流れた曲をオンエアリストと照合して何度も何度も聴いて、これ好きかも!と思った曲は調べてCDを買って聴いて・・・を繰り返していたことがありました…

METAFIVE / Don't Move

確かに豪華なメンバーだけれども、とは言えソロ作品の制作に飽きてしまったおじさま達の息抜きの遊び企画なのでは・・・?と疑う気持ちを少し抱きつつも聴いてみたらとてもよかった。 予想以上に本気でバンドとして成立してました。 誰か一人の色が強く出て…

ゲスの極み乙女。 / ロマンスがありあまる

ミュージシャンのゴシップ記事が出ると、必ずと言っていいほど「音楽と制作者本人の人間性や私生活とは切り離して考えるべきだ」という意見が出る。 私もかつてはそう考えていた時期があったけれど、感情のある人間が制作しているものである以上、綺麗に切り…

パスピエ / 電波ジャック

ちょうど1年前、浜松窓枠でパスピエのライブを観ました。 本来ならその前の年に行われていたはずがボーカル・大胡田さんの体調不良により振替となり、それが東京でのツアーファイナルの後だっため図らずも「本当のファイナル」になってしまった公演でした。 …

The Cardigans / Don't Blame Your Daughter (Diamonds)

寒い季節には寒い地方で生まれた音楽が聴きたい。北欧の音楽が聴きたくなる。そして北欧といえば真っ先にこの人たちが思い浮かぶ。

Annie / Chewing Gum

身も蓋もないことを言ってしまうけど、女性ボーカルでピコピコしている曲はだいたい好き。

Ladytron / Evil

とても好きなMVのひとつ。定期的に観たくなる。

吉澤嘉代子 / ちょっとちょうだい

昭和歌謡チックな音楽にのせて「泥棒猫に気をつけろ」なんて歌ったら普通はかなり情念めいた不健全な雰囲気を纏ってしまいそうなのに、吉澤嘉代子さんからは不思議とあまりそのような印象は受けない。 本人の可愛らしさと透明感もあいまって、そういった毒気…

KEYTALK / a leaf

初期KEYTALKからはどことなく渋谷系を感じます。 (この曲はこの動画だと巨匠が歌っていますが、『TIMES SQUARE』収録バージョンだと義勝さんのフワーッとした感じのボーカルが乗っているのでより渋谷系度高いです) TIMES SQUARE KEYTALK ロック ¥1800

NUMBER GIRL / 性的少女

2015年の紅白は向井秀徳が出てきたのが不意打ちで衝撃だった。NUMBER GIRLではこの曲が1番好きかもしれないです。

France Gall / Les Sucettes

女性アイドルが好きです。アイドル本人はもちろんですが、その曲に潜められた、裏側にいる大人たちの思惑にも興味があります。 しかし、アイドルの楽曲である以上はそういう思惑は深読みした人だけが気づく程度に抑えておいて、表面上はあくまで「かわいい女…