aircheck

好きな曲 / 気になった曲 / 観たライブ などについて書いています

ゲスの極み乙女。 / ロマンスがありあまる

 
ミュージシャンのゴシップ記事が出ると、必ずと言っていいほど「音楽と制作者本人の人間性や私生活とは切り離して考えるべきだ」という意見が出る。
私もかつてはそう考えていた時期があったけれど、感情のある人間が制作しているものである以上、綺麗に切り離して考えるのは難しいなと思うようになってきた(特に作詞に関しては)。
 
それは川谷絵音の作る音楽についても例外ではなくて、例の件の後に聴くと、それまでは特に気に留めていなかった歌詞の端々からさまざまな邪推をせずにはいられなくなってしまった。
この曲もリリース当時とはまた違った印象を抱いてしまうのだけれど、同時に、そう勘繰ることで、ひとつの私小説のような、刹那的な焦燥感や危うさを孕んだ曲だとも思えてきて、興味深く感じてしまった。
 
 
ゲスの極み乙女。は最近「子どもにも大人気」といった宣伝文句で売り出し方を大衆向けにシフトしている印象を受けていたので、『両成敗』ももっと媚びた感じの曲が並ぶのかなと思っていましたが、そうでもなかったので安心しました。