読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aircheck

好きな曲 / 気になった曲 / 観たライブ などについて書いています

People In The Box / CLUB QUATTRO MONTHLY LIVE <<Request day>> @渋谷クラブクアトロ

邦ロック ライブ

People In The Boxのライブに行ってきました。

この日は"People In The Jukebox"と題し、事前にファンからの投票によって選ばれた楽曲でセットリストを組むという企画になっていました。それだけに普段のライブではなかなか披露されないようなレア曲が聴けるのではないかと楽しみにしていました。

 

 1人3曲投票できる仕組みになっていたのですが、私が投票したのはこちらです。

 

新聞

新聞

 

起爆

起爆

 いずれもアルバム「Weather Report」収録曲で、自分がライブで一度も聴いたことがなかったものを選びました。基本的に「Weather Report」の曲はライブでの出現率が低いようなので、このチャンスを逃すわけにはいかない!との思いで投票しました。

最近では滅多に披露されることがないという初期の楽曲もいろいろ聴いてみたいと思っていましたが、そちらはきっと私が票を入れなくても古参ファンの方々が投票してくださるだろう・・・と予想してこの3曲に絞りました。

  

そして当日発表された最終順位結果がこちら。

※セットリストの曲順とは異なります。

  1. 塔(エンパイアステートメント
  2. 犬猫芝居
  3. 八月
  4. ペーパートリップ
  5. サイレン
  6. 日曜日/浴室
  7. 6月の空を照らす
  8. 鍵盤のない、
  9. スルツェイ
  10. 悪魔の池袋(24時ver.)
  11. 皿(ハッピーファミリー)
  12. 真夜中
  13. レントゲン
  14. She hates December
  15. Alice
  16. 海抜0m
  17. 月曜日/無菌室
  18. 新聞
  19. 沈黙
  20. 投擲

 

 やはり多くの方が同じことを考えていたのか、初期の楽曲と「Weather Report」収録曲が多くランクインしています。

「起爆」は入っていませんでしたが、「塔(エンパイアステートメント)」と「新聞」を聴くことができました。「塔(エンパイアステートメント)」は中間結果発表でも1位だったので確実に聴けるだろうとは思っていたのですが、「新聞」は入っていなかったため、聴くことができて嬉しかったです。

 

最近の曲はほとんど入っていません。

このリクエスト結果に対し、波多野さんは「一年前の自分なら怒っていたかもしれない。でも音楽は生きているから、昔の楽曲にも息を吹き込んでいきたい」というようなことを言っていました。

比較的最近ファンになったばかりの私にとっては、昔の曲を多く聴けたことは、素直に嬉しかったです。

初期の楽曲をCD音源で聴くと、波多野さんのボーカルは少年のような甘い歌い方をしていますが、現在の波多野さんの落ち着いた声で聴くと、それはそれでまた違った良さが感じられました。

バンドは進化を続けているのだから最新の作品こそが最高、という考え方も確かにありますが、昔の曲であっても、やはり良い曲はいつ聴いても良いです。特にこの日のセットリストはファンの方々に選ばれた曲、つまり"People In The Boxが大好きな人たちが厳選したPeople In The Boxのオススメ曲リスト"だと捉えることもできるわけで、それだけに信頼感がありました。

アンコールはありませんでしたが、それでも終わった後、充分すぎるほど濃い内容だったと感じられました。

 

Peopleのライブを観て充実感を感じなかったことなんてありませんが、今回は特に「Weather Report」の楽曲が多く聴けたというのが大きかったです。というのも「Weather Report」というアルバムの存在が無かったら、私はここまでPeople In The Boxというバンドの存在に興味を抱いていなかったと思うからです。

初めて彼らの演奏を聴いたときに、ああ良い曲だな、好きだな、とは思ったのですが、もしかしたらその時点ではそれだけの感想で終わっていた可能性もありえました。それがその後、彼らには70分21曲1トラックという奇抜なつくりのアルバムがあるということを知り、こんな前衛めいた捻くれたことをやるなんて、一体どのようなバンドなのだろう・・・と彼らに対する興味が一気に深まりました。

それから直ちに購入した「Weather Report」は予想通り自分の好みに合致した作品でした。特に「塔(エンパイアステートメント)」は、かつて自分が良く聴いていたmorr music周辺のエレクトロニカを思い出させる要素があり、初めて聴く曲なのにどこか懐かしいような気持ちになりました。そして、その予想外の結びつきは、もっと多くの音楽を知りたい、聴きたい、という好奇心を私に呼び起こしてくれました。

 

その曲を、今回やっとライブで聴くことができました。

やはり好きになるきっかけとなった曲をライブで聴くというのは特別です。

昔の曲も「Weather Report」の曲も、この日限りのレア曲扱いではなく、今後のライブでもっと演奏されてほしいな、と思います。

 

(公演日:2016年6月17日)