読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aircheck

好きな曲 / 気になった曲 / 観たライブ などについて書いています

KEYTALK / マスターゴッド

邦ロック

 

マスターゴッド

マスターゴッド

  • KEYTALK
  • ロック
  • ¥250

 昨年リリースされたアルバム「HOT!」の中ではこの曲が好きです。先日行ったライブ*1でも聴くことができまして、あらためて良い曲だなーと思いました。

 

とにかくこの曲からは義勝さんのサザンリスペクトを感じます。

サザンの歌詞の特徴としてパッと思いつくのは、音楽(リズム)に乗ったときの語感の心地よさと、性を連想させる表現なんですが、この曲もその二つの要素が入っています。

サビ前の「クラクラ」「キラキラ」「フラフラ」と韻を踏んで「アブラカタブラ」と続くところは意味や文法よりも聴いたときのリズムの面白さを重視している感があります。

かと言って全然意味のない言葉の羅列かというとそうではなく、きちんと登場人物のいる歌詞になっていて、そのところどころに性を連想させる表現が散りばめられています。この曲については義勝さん自身も「下ネタです」と言っているので*2、狙って書いているのだと思いますが、特に後半に出てくる「濡れた砂浜で また一人で潮干狩り」というフレーズが暗喩的で耳に残ります。

KEYTALKに限らず、こうした暗喩的な下ネタ曲というのは題材が題材であるだけにオフィシャルな正解が明示されないことが多いので、"本当はどういう意味なのか?どこまでが狙った表現なのか?"と聴き手の深読みが止まらなくなるという楽しみ方があります。そんな風に穿った見方をしていくと、一見すると主人公の女性がbarのマスターに呼びかける描写*3に過ぎないサビの「マスター マスター」という繰り返しも、その後に出てくる「一人で潮干狩り」というフレーズが卑猥な暗喩だと聴き手に察知させるためのギミックではないかと思えてきます。

 

こういう「歌謡曲テイストでエロ要素のある邦ロック」をやるバンドは他にもあると思うんですけど、KEYTALKの、特に義勝さんボーカル曲は、フワーッとした感じの文学少年チックな歌い方でそれをやられるので、良い意味で違和感があって、いわゆる「ギャップ萌え」みたいな感覚になるんですよねー

 

(・・・と思ってiTunes視聴リンクを貼りましたがイントロだけで肝心の部分が聴けないですね)

*1:KEYTALK 2016年全国ワンマンツアー 3年K組お祭り先生~「先生!義勝君の給食費がありません!」~ @Zepp Nagoya

*2:KEYTALK首藤義勝さんによる『HOT!』全曲解説ツイートまとめ - Togetterまとめ

*3:KEYTALK KEYTALKが3rd フルアルバム「HOT!」をリリース!スペシャルインタビューもあります! -MUSIC LOUNGE ニュース- より。「歌詞の舞台はbarなんですけど、そこに凄く疲れた女性がやってきて「(かすれた声で)マスター、何か作って?」ってお願いするようなシーンをイメージして、そこから世界観を広げていきました。」