読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aircheck

好きな曲 / 気になった曲 / 観たライブ などについて書いています

KEYTALK / KTEP COMPLETE 発売記念ワンマンライブ @Zepp DiverCity Tokyo

KEYTALKのKTEP COMPELETE 発売記念ワンマンライブに行ってきました。

 

会場到着がぎりぎりになってしまったのですが、巨匠と八木氏による恒例の注意事項アナウンスには何とか間に合いました。八木氏甘噛み。

この日の開演前BGMはKEYTALKの曲でした。最近のライブの開演前BGMは懐メロJ-POPやアニソンだったりした*1ので、自分たちの曲を流すなんて珍しいなーと思うと同時に、それだけこの日のライブに対する本気度が伝わってくるような気がして期待が高まりました。

 

会場が暗転していよいよ演奏開始・・・ではなく、ステージ上の幕に映像が流れました。2011年に行われた彼らの初ワンマンライブ@下北沢SHELTERの本番前の映像です。

映像を観ながら周りのお客さんたちは「みんな若いー」とか「八木氏髪長いー」とか言ってました。KEYTALKのこれまでの歩みを感じると共に、彼らのまだ初々しい表情からライブ本番前の緊張が伝わってきてグッとくる・・・のですが、映像の中で武正さんが着ていたシャツの背面に「ももいろクローバーZ魂」の文字が大きくプリントされていて、その文字がチラチラと映るので、そのたびに会場内のあちこちから「ももクロ(笑)」という笑い声が。こういう、感動演出を仕掛けてもしんみりし過ぎないところがKEYTALKらしいと言うか・・・。

 

映像の中の4人が初ワンマンのステージに向かうところで幕が落ちて、ようやく現在の生のKEYTALKが登場。

1曲目は「アゲイン」でした。映像に使われた初ワンマンライブの1曲目と同じ曲です。この日のセットリストはインディーズ時代の曲のみ、と事前に聞いていたものの、本当かな?とどこかで疑っていた部分があったのですが(すみません)、最近のライブでは演奏されることが殆どない、また演奏されたとしても1曲目に持ってくることはまず無いであろうこの曲で始まったということで、本当なんだ!と一瞬で確信できました。

ステージ上にはデザイナーの勝見拓矢さんが手掛けたKEYTALKのロゴと、「KTEP」から「ONE SHOT WONDER」、そして今回発売された「KTEP COMPELETE」のCDジャケットのパネルが飾られていました。最近のCDジャケットは勝見さんデザインではないのですが、自分のなかではKEYTALKのアートワークと言えば勝見さんというイメージが未だにあるし、勝見さんのデザインが好きなのでこのセットは嬉しかったです。

 

MCで武正さんが「今日はインディーズ時代の曲しかやりません!MONSTER DANCEやりません!」と言うと一部から「えー・・・」という残念がる声があがったので、武正さんが「MONSTER DANCE」をワンコーラスだけ雑に弾き語り。

続けて「今日がKEYTALKのライブ初めてって言う人ー?」と訊いたところ、何人か手が挙がったので「すごいの引いたなー!」と武正さん苦笑い。それくらいいつものKEYTALKのライブとは違う感じになるかも、と言うことだったのですが、その通り彼らのいつものライブ*2とは雰囲気が違いました。そもそもインディーズ時代の曲がそういう曲調のものではないということもあるかも知れませんが、ディッキを穿いた子たちが集団でわちゃわちゃ、という感じではなかったです。

義勝さんのボーカルも、最近の曲は遠くに向けて声を張り上げるような歌い方だという印象を受けていましたが、この日は初期曲に合わせてもっと可愛らしいというか、まるく柔らかい感じの歌い方だった気がします。

「orange and cool sounds」ではスペシャルゲストとして登場した田上修太郎さん(当時のプロデューサー)がキーボードで参加したり、オフィシャルカメラマンの後藤壮太郎さんをステージ上に上げて半ば無茶ぶり気味にMCさせたり、ついにはアンコール最後の「物販」で事務所の古閑社長がステージに上がって歌ったりと、裏でKEYTALKを支えてきた方たち大集合、という感じで楽しかったです。

 

 

終わってみると、キャパの割に派手な演出などは特にない、シンプルなライブでした。

インディーズ時代の曲ばかりというセットリストも含めて、これには彼らの、いちど原点に戻ってみよう、という思いが込められているような気がしました。そうした意味でこの日はひとつの記念日的なライブだったのではないかと思います。本当に行けて良かった。

 

行けて良かった、と思う理由はもう一つあって。

前回行った彼らのライブ(義給ツアー*3)が、正直なところ自分のなかでは消化不良だったんです。演奏もセットリストも良かったし楽しかったのですが、本編よりもアンコール前の茶番劇*4の印象が強く残ってしまって 、あれ?私はバンドのライブを観に来たんだけどな?と、少しモヤッとしてしまいました。

私は彼らの音楽面だけではなくキャラクターとしての面白さも含めて好きだし、「KTEP COMPELETE」付属のDVDを観る限り茶番劇自体はインディーズ時代のライブでもやっていたようなので、こうした演出を否定するのは矛盾になってしまうのかもしれません。が、最近の彼らの売り出し方を見ていると、他にもいろいろと不安に思ってしまうところが多かったです。

そんな不安が、この日のライブで払拭されました。原点に戻ったような、シンプルに楽曲を聴かせるライブを観れたことで、このバンドのことをもっと信じてみてもいいのかも、と思えたのです(ちょろいファンですね・・・)。

キャラクター性も彼らの魅力だと思うし、実際にそういうニーズがあるのもわかります。でも、やっぱりバンドマンはステージ上で歌ったり楽器を演奏している姿が一番です。

今後も不安に思うようなところが出てきてしまうかも知れないですが、何だかんだ言いつつ私はこれからも彼らのことを応援していってしまうだろうなー、と思ったのでした。

 

(公演日:2016年7月27日)

KTEP COMPLETE

KTEP COMPLETE

  • KEYTALK
  • ロック
  • ¥2400

 

*1:昨年の春ツアーでは春がテーマということなのかHysteric Blueの「春~Spring~」が流れていたり、先日の義給ツアーでは「ハレ晴レユカイ」が流れていました。

*2:と言っていいほど私は通っているわけでもないし古参でもないのですが・・・。

*3:「3年K組お祭り先生~『先生!義勝君の給食費がありません!』」の略です。長いよ!

*4:メンバーが学ラン姿で寸劇をし、義勝さんがフラフープを回す姿を観客全員で見守る、という時間があったのです。詳しくはこちら→ KEYTALK、給食費袋舞う“義給ツアー”新木場で完結 - 音楽ナタリー