読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aircheck

好きな曲 / 気になった曲 / 観たライブ などについて書いています

SUMMER SONIC 2016

洋楽 ライブ

サマソニ東京1日目に行ってきました。

 

初めてだったので効率良く回れませんでしたが、WeezerUnderworldが観られたので大満足です。

youtu.be

最近の私は邦ロックとアイドルばかり聴いていて洋楽から少し離れていたので、殆ど予習をせずに行ってしまいました。

でも、Weezerの1曲目「Hash Pipe」のデデデデ デデデデ…というイントロが始まった途端に、洋楽ロックに興味を抱き始めていた頃の熱情とか好奇心とか懐かしさとかがいろいろ入り混じった感情がブワーッと押し寄せてきて、一気に興奮状態になりました。

そして、本当に好きで何回も聴いて記憶に残っている曲というのは、ライブ前にわざわざ意識して予習なんかしなくても、聴いた瞬間に心や身体が思い出すのだなぁ、ということを実感しました。

Weezerはリバース・クオモが親日家というだけあって、MCでは流暢な日本語でお話しされていました。

途中、若い、というか幼い女の子がキーボードとして演奏に参加していて、あの娘は一体誰なんだろう、と思っていたら、なんとリバースの娘さん(Miaちゃん)でした。日本人の方とご結婚されていることは知っていましたが、その間に生まれた娘さんがもうあんなに大きくなるのか ・・・と思うと同時に、私がWeezerの音楽に出会ってからそれだけの時間が経ったのだなぁ、としみじみしてしまいました。

youtu.be

大好きな「Island In The Sun」も聴けて良かったです。

  

そして、ヘッドライナーのUnderworld

こちらも殆ど予習せずに行ってしまいましたが、「Two Months Off」が始まった途端に、先ほどのWeezerのときと同様、よくわからないけどテクノってかっこいい、聴いてみたい、と興味を抱き始めた頃の気持ちが一気に蘇ってきました。

この曲はキラキラしていて涼しげで解放感があって、夏の野外に良く似合います。

youtu.be

 

セットリスト後半、「Rez」からの「Cowgirl」を聴いたときには感動で涙が出そうになってしまいました。この流れは、私がUnderworldを好きになりたての頃に良く聴いていたライブアルバム「Everything,Everything」に収録されているものと同じだったからです。

「Everything,Everything」を聴いたとき、テクノのライブってこういう感じなんだ、私もいつか、夏の野外で、大きな音で、Underworldを聴いてみたいなぁ、と、ぼんやりとは思っていました。しかしその機会もないまま気付けば10年近くが経過していたのですが、その願いが今日叶ったのだ、と思うと感慨深いものがありました。

そして最後を飾る曲は、予想通り「Born Slippy Nuxx」でした。

 

アリーナに投げ込まれたいくつものバルーンが演奏に合わせて様々な色に光り輝くさまがきれいでした。最初は、白いバルーンがステージの照明に照らされて光って見えるだけなのかと思っていたのですが、それにしては1個1個の色が鮮明で、どうやら中にリモコン操作で光るライトが仕込まれていたようです。

この曲の高揚感を煽るかのように、終盤には花火が何発も上がりました。こういう派手な演出は大きい夏フェスならではだと思います。観ることができて本当に良かったです。

 

 

好きな音楽に出会ったとき、その音楽をライブで聴く機会に必ず巡り合えるとは限らないです。それが海外のミュージシャンであれば尚更のことです。

実際に私はこうしてWeezerUnderworldも初めて知ってからライブで観るまでに時間がかかってしまいました。それでも観ることができたのは、まず私が生きていたこと、そのミュージシャンが活動を続けていたこと、日本に来てくれたこと、その日に私がライブに行ける環境下にあったこと、そして何より自分が音楽を好きでい続けられたということ、それら全てが組み合わさっての結果です。そう考えると、それってかなり奇跡的なことなんじゃないか、と思えます。

大げさな話になってしまったかも知れませんが、そんなことをひしひしと感じた初サマソニでした。

 

Everything, Everything (Live)

Everything, Everything (Live)

 

 

 

広告を非表示にする