aircheck

好きな曲 / 気になった曲 / 観たライブ などについて書いています

KEYTALK / Love me

 

義勝さんの作る曲は大きく分けるとライブでの盛り上がりを意識したロックチューンかメロディアスなさわやかポップスの2種類なんですが、次はリリースの時季的にも後者だろうな、と思っていたら予想通り。

バンド的にも「お祭りソングだけじゃなくて、こういうのもやれるんですよ」というのを出しておきたい時期なのかな、という印象を受けました。

 

私がこの曲を初めて聴いたのは学園祭ライブだったのですが、彼らの既存曲に例えるならば、メロディを聴かせる感じとわかりやすい言葉遣いでの甘酸っぱい歌詞は「FLAVOR FLAVOR」や「boys & girls」、おしゃれ風なアレンジと3分以内という短い尺でスパッと聴かせる構成は「fiction escape」っぽいな、と思いました。

歌モノではありますが、最近のKEYTALK楽曲(首藤義勝曲)に必ずと言っていいほど見られる掛け声やハンドクラップといったライブ映えする観客参加ポイントもしっかり入ってます。メジャーデビュー以降の路線とインディーズ時代にやっていたことがうまく融合して、一つの結論が出たように感じました。

 

CDショップの宣伝文句風に言うと、"4つ打ちロックmeetsシティポップ"という感じになるのかな、と。

最近の邦楽シーンのトレンドとしてブラックミュージックの要素を取り入れた音楽が流行っているというのは、きっと多くの人が感じていることだと思います。ともすればこの曲も一見、その流行に乗って作られたように受け取られる可能性がありますが、それが決して付け焼刃でこしらえたものではないとういうことは、彼らの初期の楽曲を聴けばわかります*1

KEYTALKって、一般的には"踊れるロック"のイメージが強いんでしょうけど、そもそもバンド名は上原ひろみさんの曲名から取っているし、オリジナルメンバーの2人はジャズがルーツのひとつにあるようだし*2、そのせいもあってかインディーズ時代の楽曲はわりと渋谷系っぽさがあるなーと私は思っています。

 

邦楽シーンにシティポップの波が来たことと合わせて、4つ打ちブームは既に行くところまで行ってしまったように感じるので、もうそろそろ落ち着くんじゃないかと思っています。実際に4つ打ちブーム世代のバンドたち(例えばKANA-BOONだったりキュウソネコカミだったり)の最近の動向を見ていると、そろそろ"フェスで盛り上がるバンド"というイメージから脱却して、それぞれ次のステージへと移行する準備を進めているように見えます。

そのためには他のバンドとの差別化を図ることと、ロックキッズ以外のファン層を獲得する必要が出てくるんですが、KEYTALKの場合は、この曲に見られるようなポップセンスが今後の大きな武器になっていくんじゃないか 、と思いました。

 

作詞作曲したご本人も気に入ってる曲だそうなので、とにかく多くの人に聴いてほしいです。

 

Love me

Love me

 

 

 

広告を非表示にする