読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aircheck

好きな曲 / 気になった曲 / 観たライブ などについて書いています

Suchmos / THE KIDS

THE KIDS(通常盤)

Suchmosのアルバム「THE KIDS」を聴きました。

 

以前からSuchmosには世間で言われている"オシャレ"なイメージの一方で、それと相反する反骨精神や泥臭さを感じていたのですが、このアルバムを聴いてやはりそうだ、彼らはただのオシャレバンドではない、と確信しました。

 

youtu.be

それを一際強く感じさせてくれるのがシングル曲でもあった「MINT」という曲で、これはオシャレと見せかけて、実の正体はストレートでアツいメッセージソングだなと思うのです。「錆びた弦で良い/破けたジーンズで良い」という歌詞は装飾性への反抗、自然体であることへの賛美であるし(このあたりの哲学は「STAY TUNE」の「ブランド着てるやつ もう Good night」というフレーズからも感じ取れる)、この曲の歌い手は聴き手を「しけた顔は やめとけ」と励まし、「兄弟、徘徊しないかい?」と語りかけ、「何も無くても 笑えていればいい」と肯定します。

メッセージソングと言ってしまうのは、いわゆる"音楽好き"の方々には抵抗があり、嫌な顔をされてしまうかも知れませんが、私はこのような、サブカルチャー畑に似つかわしくないアツい部分こそが彼らの魅力であると思うし、そこに今後の可能性を感じます。

 

Suchmosはメンバーのインタビューを読んだ印象だと、一部の音楽マニアに愛好されるだけではなく、有名になって商業的にも成功したいという野心を抱いたバンドのように見えます。

音楽に限らず、メジャーフィールドに受け入れられるものには、そのジャンルのマニアでない人たちが入る隙間が必要です。Suchmosの場合は、こうしたストレートでアツい部分が、その隙間になるのではないか、と思っています。

広告を非表示にする