読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aircheck

好きな曲 / 気になった曲 / 観たライブ などについて書いています

パスピエ / &DNA

&DNA(通常盤)

昨年末は5th Aniversary Tour @ 中野サンプラザJ-WAVE "THE KINGS PLACE" LIVE Vol.12 @ 新木場スタジオコースト、と立て続けにパスピエのライブを観ました。

ライブハウスにはライブハウスの、ホールにはホールの良さがあります。パスピエはどちらも似合うバンドだなと思いました。

 

この2つのライブ、特にホールでのライブを観て強く感じたことは、パスピエというバンドは邦ロックの括りに入れられていたりするのだけれど、元はクラシックを学んできた人が作ったポップ・バンドなのだなーということです。

パスピエは同じ曲でもライブごとにアレンジを変えてきてくれるのが嬉しいです。私は楽器や演奏技術に関して詳しいことはわかりませんが、このような短いスパンでもアレンジを変えて来て難なくこなせるというのは、それだけ技術面においてストイックな人たちなのだろうと想像できます。

また、自由にアレンジを変えることで、音源とは別の、生演奏ならではの楽しさを提示しようとしてくれているのだと思います。ライブ=音源の再現ではなく、演奏者の演奏を楽しむ場、という、音楽の原点を再認識させられた気がしました。

 

彼らがそういうことをやってくれるのは、リーダーである成田さんのルーツがクラシック音楽だからなのかな、と思いました。

現代のポップ・ミュージックには作り手が作成した音源という"正解"が存在するわけだけれど、クラシックには作曲者が作った音源はなく、残っているのは楽譜のみ。クラシックのCDは演奏者や指揮者がその楽譜をその人なりに解釈したものであって、同じ曲でも解釈によって表現が変わってくる。どの解釈・演奏が正解と言えるのかはわからない。

パスピエの曲も、時と場合によって解釈が変わってくる。CDに収められているアレンジは絶対的な正解ではなく、あくまでCDに収める用に解釈した結果であって、同じ曲でもライブに持ってくる場合はライブ用の解釈をする。そのライブ用の解釈も、ライブハウスなのかフェスなのかホールなのかで変わってくる。成田さんは、そういうことをごく自然にやっているのではないか、という気がしました。

 

youtu.be

中野サンプラザで初お披露目されたこの曲が気に入っています。

ホールでのライブにとても良く似合う曲だなと思いました。ここ最近のパスピエの曲は和風な世界観を強く押し出したものが多かったので、こうした路線が新鮮に聴こえます。

また、大胡田さんのボーカルといえばアニメチックで可愛らしい感じが特徴ですが、この曲ではこれまでよりも少々大人っぽくなった印象を受けました。この曲は彼女の独特なキャラクターが無くとも成立するような、良い意味での余白の多さを感じます。

この曲をはじめ、「&DNA」の曲たちが、ライブではどのような形になるのかが今から楽しみです。

 

広告を非表示にする