aircheck

好きな曲 / 気になった曲 / 観たライブ などについて書いています

Suchmos / TOUR THE KIDS @ 浜松窓枠

THE KIDS(通常盤)

3月にSuchmosのライブに行ってきました。

 

メンバーが登場した瞬間、女子たちの悲鳴にも似た黄色い歓声が。特に歓声が大きかったのは、もちろんボーカルのヨンス。

ヨンスは登場するなりフロアに手を伸ばし、最前列のお客さんたちの手に触れていったのですが、私含め4~5列目のお客さんたちもつられて手を伸ばしてしまっていました。さすがにここまで届くわけないのに、ヨンスの手足が長いので、頑張れば届くんじゃないか?と錯覚してしまったんですよね・・・。

間近で見るヨンスは、細いけどいわゆる草食男子的な細さではなくて、がっしりした骨格を感じる西洋人的な細さでした。

 

「MINT」ではヨンスがマイクを観客に向け、みんなで大合唱という一幕が。「演者の歌声を聴きたいのに、合唱なんて!」と顔をしかめる方もいるかもしれませんが、以前より、この曲の正体はストレートでアツいメッセージソングだと解釈していた私としては*1、この展開は「やっぱり!」という感じです。いつか彼らが目標とするハマスタで、「MINT」の大合唱が起きる日が来るかもしれません。

 

驚いたのは、フルアルバムのリリースツアー、しかもまだ前半戦だというのに、早くも新曲が披露されたということです。

「かっこいい曲ができたんだけど、知ってる?知らないよね」

と、ヨンスがいたずらっぽく言ってから披露されたその曲は、曲調は既存の曲に例えるならば「DUMBO」系の、カート・コバーン大好きっ子ヨンスの趣味がうかがえるような*2Suchmosのロックな部分を強調したタイプの曲でした。でもキーボードは70年代ニューウェーブっぽい感じだったり、ドラムはジャジーな感じだったりと、Suchmosらしいジャンルレスな曲です。

で、この曲のヨンスの振り付け(?)がヤバいのです。歌詞に「one shot」というフレーズが繰り返し出てきたのですが、そのフレーズに合わせてヨンスが手でピストルのポーズを取って、自分の頭や観客に向けて何度も"バキューン!"するのです。その"バキューン!"は一歩間違うとキザな感じになってしまいそうですが、ヨンスがやるとハマるし、やっぱりかっこいい。Suchmosの音楽性だけではなく、ボーカリスト・ヨンスの、世の女性の心をとらえるロック・アイコンとしての魅力、もっと率直に言ってしまうと、彼のアイドル性を、惜しげもなくわかりやすく提示してしまう、ヤバい曲になりそうな気がします。
 
アンコールのMCでは、ヨンスが「浜松、絶対戻ってくるから。・・・いま思いついたんだけど、47都道府県の一番大きい会場でやるっていうの良くない?」と発言。「やりたいことは発言して叶えていかないと」と語っていました。こうした怖いもの知らずな堂々とした語り口調も含めて、華のあるボーカリストだな、と思いました。
 
おそらく今最も勢いのあるバンドをこのタイミングで観ることができて、本当に良かったです。今後ますますチケットの取りづらいバンドになっていきそうな予感がしますが、またライブに行けたらいいなぁと思っています。